箱作りの専門スタッフ在籍!
お気軽にご相談ください!
0120-960-254
受付時間 9時~17時(土日祝除く)
HOME > 取扱商品 > パッケージでできる模造品(模倣品・海賊版)対策

パッケージでできる模造品(模倣品・海賊版)対策

オリジナル商品の価値を守るためにできること
ホログラム金 ホログラム銀(模様入り) ホログラム銀
チェンジング箔ブラックライトインキ 例

「自社製品にそっくりの偽物が出回っていて、見分けがつかず、その対応に困っている」「海外に輸出したいけれど、真似されるのか心配。何か対策は?」ーー。近年、このようなご相談をお受けすることが多くなりました。スキャナーの性能、画像処理・印刷技術の進化により、本物そっくりのパッケージやシールを作ろうと思えば、比較的簡単にコピーできてしまう時代です。アミの形状やアミ点角度、色味やフォントなど、印刷のプロでも目視で模造品(模倣品・海賊版)かどうかを見分けるには限界があります。そこで、当社で提案させていただいている模造品対策の一例をご紹介します。

高まる模造品対策のニーズ

安全・安心な食品や質の高い化粧品など、海外での日本ブランドにおける人気は続いています。政府は2030年までに農林水産物・食品の輸出額を5兆円にする目標を掲げており、今後も食品の輸出は成長が見込める分野だといえそうです。その一方で、人気のある商品だからこそ、国内・海外を問わず偽物(模造品)が出てくる可能性は高まります。自社で開発したオリジナル商品がお客様に正当に評価され、これまで作り上げてきたブランドイメージや信頼性を守るためにも、模造品対策は必要不可欠な時代となっています。

パッケージでできる模造品対策

ホログラム箔を選ぶ

ホログラム 箔の例
ホログラム箔は、特殊な偏光性のある光沢が特徴です。数種類の柄があり、製品イメージに合わせて選択することが可能です。通常の箔フィルム(金箔・銀箔等)より費用は掛かりますが、柄の種類がメーカーごとに異なり、同じホログラムを探し出すのが困難なため、模造されにくいというメリットがあります。

注意点
・ホログラムの種類によっては、継ぎ目が生じる

チェンジング箔を選ぶ

チェンジング箔
チェンジング箔は、見る角度によって複数の絵柄や文字が切り替わるため、カラーコピーでは再現ができません。また、チェンジング箔のデータや箔版を作成できるメーカーが限られるため、模造されにくい加工方法といえます。通常の箔版より高額となりますが、箔フィルム代は変わりません。

注意点
・絵柄は3種類まで

ブラックライトインキを使用する

ブラックライトインキ 例
ブラックライトインキは、ブラックライト(紫外線)を照射することで発光するインキです。ブラックライトを当てないと可視化しないため、模造品識別対策の一つになります。

注意点
・印刷用紙(特にコート系の紙)にはブラックライトに反応する紙が多数あるため、用紙選定時に注意が必要
・耐候性が弱いので、屋外での使用は不可
・特殊なインキのため納期が掛かる
・本製品作成前にテストが必要
・ブラックライトの周波数が380nm未満でないと綺麗に発光しない場合がある

その他の方法

この他、模造品との識別対策としては、パッケージののりしろにロット番号や暗号等を印刷するなどが挙げられます。
パッケージでできる模造品対策に関してのご相談やお見積り依頼は、お電話またはメールにてお問い合わせください。

海賊版対策のパッケージ作りのご相談なら

箱作り専門スタッフ在籍!
お気軽にご相談ください!

0120-960-254

受付時間 9 時~ 17 時( 土日祝除く)

cta btMail at パッケージでできる模造品(模倣品・海賊版)対策 cta btTel at パッケージでできる模造品(模倣品・海賊版)対策

製品の仕様