平成13年4月から創設された保健機能食品制度についてのページです。

お問い合わせお見積もり
0120-960-254
HOME > 紙箱・化粧箱の表示における注意点 > 食品の適正表示について > 保健機能食品制度

保健機能食品制度


平成13年4月1日から「食品衛生法」及び「健康増進法」により、保健機能食品制度が創設されました。

・高齢化等に伴い健康に関する関心が高まり、食品に求められる機能が複雑多様化してきました。
・科学技術の進歩により、様々な機能を持つ食品が開発されています。
・規制緩和の流れや国際化の影響を受けて、食品と医薬品の区分の見直しが検討されています。
・消費者からは、食品について適切な情報提供をして欲しいという要望が高まってきました。

こうした背景を受け、消費者が安心して、食生活の状況に応じた食品の選択ができるよう、適切な情報提供をするために創設されたのが、「保健機能食品制度」です。

保健機能食品制度の概要
 いわゆる健康食品のうち、国が安全性や有効性等を考慮して設定した規格基準等を満たした食品を「保健機能食品」と称して販売を認めることとなりました。
食品の目的や機能等の違いにより、「栄養機能食品」と「特定保健用食品」の2つのジャンルに分けられます。
※保健機能食品以外の食品については、保健機能食品と紛らわしい名称、栄養成分の機能及び特定の保健の目的が期待できる旨の表示を、栄養機能食品であって特定保健用食品でない食品については特定の保健の目的が期待できる旨の表示が禁止されました。

 食品  

 薬品
 一般食品
(いわゆる健康食品を含む) 
保健機能食品  
医薬品
(医薬部外品を含む)  

 栄養機能食品
(規格基準型)
特定保健用食品
(個別許可型)

(栄養成分含有表示) 栄養成分含有表示 栄養成分含有表示   
      保健用途の表示   
      (栄養成分機能表示)    
   注意喚起表示 注意喚起表示    

栄養機能食品とは
 特定の栄養成分を含むものとして、基準に従い、栄養成分の機能の表示をする食品

○ 表示に関する基準に適合していれば、国への許可申請や届出は不要です。
・1日当たりの摂取目安量に含まれる
・栄養成分量の上・下限値が定められています。
・栄養機能表示・注意喚起表示を記載します。
・疾病名の表示など医薬品と誤認されるおそれのある表示は禁止されています。
○ 栄養機能表示ができる栄養成分
・ミネラル:カルシウム、鉄 、亜鉛、銅、マグネシウム
・ビタミン:ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸 

栄養機能食品の例(カルシウムの場合)

 1日当たりの摂取目安量に含まれるカルシウムの量   下限値:210mg

 上限値:600mg
 栄養成分機能表示  カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。
 注意喚起表示  本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。一日の摂取目安量を守ってください。

特定保健用食品とは
 食生活において特定の保健の目的で摂取をする方に対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示する食品

○ 個別に安全性・有効性に関する審査を受け、許可をうけることが必要です。

※ 平成13年4月1日現在で、既に栄養改善法による許可又は承認を受けている食品の表示については、なお従前の例によることができます。
※ 今回の改正により、錠剤、カプセル等の形状も認められることになりました。 
   
現行において特定保健用食品の表示内容として認められるものの例

主な表示内容   主な保健機能成分
 お腹の調子を整える食品  各種オリゴ糖、ラクチュロース、ポリデキストロース、グアーガム、サイリュム、乳酸菌
 血圧が高めの方の食品  ラクトトリペプチド、カゼインドデカペプチド、ゲニポシド酸
 虫歯になりにくい食品  パラチノース、マルチトール、キシリトール
 コレステロールが高めの方の食品  大豆たんぱく質、キトサン、低分子化アルギン酸ナトリウム
 血糖値が気になる方の食品  難消化性デキストリン、小麦アルブミン

 保健機能食品以外の食品については、保健機能食品と紛らわしい名称、栄養成分の機能・特定の保健の目的が期待できる旨の表示をしてはいけません。

pagetopHOME

-->