紙箱にはオフセット印刷機、オフセットUV印刷機、オンデマンド印刷機の3つの印刷機があり、必要な表面加工、ロット数、印刷の内容によって最適な印刷方式を選択します。

お問い合わせお見積もり
0120-960-254
HOME > 紙箱・化粧箱の制作の流れ > 印刷機について

印刷機について

紙箱・化粧箱の印刷方式

・用途に応じた3種類の印刷方式
 紙箱の用途に応じて、オフセット印刷、オフセットUV印刷、オンデマンド印刷の3種類の印刷方式を採用しています。必要な表面加工、ロット数、印刷の内容によってどの方式を採用するのかが決まります。

・最新の印刷機器を導入
 オフセット印刷機、オフセットUV印刷機では世界最高峰の印刷機を導入し、高品質な印刷をご提供しています。

オフセットUV印刷

オフセットUV印刷

 オフセット印刷機は、平らな版の上に科学的にインキの馴染みやすい部分を作り、水とインキの相性の悪さを利用してインキを転写させる方法です。オフセット印刷機の利点は再現性がよい点で、実際のイメージに近い印刷ができます。印刷後にUV(紫外線)を照射することで、UV専用インキを強制的に乾燥させ、乾燥不良による後工程でのトラブルを防止します。




 これに加え、プレスコートに順ずる光沢を実現するUVクリアニスや、そのUVクリアニスとOPニスの反発を利用した擬似エンボス加工を施すことができ、印刷と同時にワンパスで高付加価値印刷を実現できます。
 また硬化した表面は樹脂皮膜で形成されるため、耐摩擦性が高くキズが付き難いため紙箱、化粧箱、紙器を中心としたパッケージの印刷に最適です。

オンデマンド印刷機

 お客様からのパッケージ(紙箱・化粧箱・紙器)の小ロットでの製造の強いご要望にお応えするため、オンデマンド印刷機でのパッケージ印刷にチャレンジしています。

 小ロット印刷機としては日本で最も普及している富士ゼロックスのColor800Pressを日本でも珍しい、パッケージ(紙箱・化粧箱・紙器)への転用を進めています。紙の厚さやサイズに制約があるものの、確実に利用されるお客様は増えています。

 近年オンデマンド印刷機の印刷品質は向上しており、オフセット印刷機に近づいております。これにより100枚~500枚以下の極小ロットのパッケージ(紙箱・化粧箱・紙器)印刷も十分可能になりました。オンデマンドならではの名入れ、ナンバリングなどの可変印刷も可能です。

オンデマンド印刷機の制約
印刷加工における制約 内容
紙のサイズ(展開寸法) 330×488mm
紙の厚さ 350g/㎡まで コートボール#6-2まで
色について 4色カラーまたはスミ1色


pagetopHOME

-->