デザインデータの入稿はアウトライン化済みのaiデータ、電子文書のpdfデータ、書きの原稿が可能です。

お問い合わせお見積もり
0120-960-254
HOME > 紙箱・化粧箱の制作の流れ > 入稿するデザインについて

入稿するデザインについて

入稿の方法

  入稿データは、印刷物のデザインを作る際に使用されるIllustrator(イラストレーター)のaiデータ、または文書を電子的に配布することができるPDF「ピーディーエフ」が基本となります。WordやPower Point、一太郎、画像データ、PhotoShop「フォトショップ」、手書き原稿での入稿も可能ですが、データ作成の為に別途費用が発生いたします。
 また、画像データの解像度が低いと良好な印刷結果が得られませんのでご注意ください。

入稿

お客様に印刷データをご入稿いただくために次の3つの方法をご用意させていただいております。
・専用フォームから送る場合(データ容量が3MB以内の場合)
   専用フォームはこちらから

・ファイルサイズが大きい場合(データが3MB以上の場合)
 入稿データのファイルサイズが3MB以上である場合は、宅ファイル便やデータ便等の無料のファイル転送のサービスサイトをご利用ください。

 宅ファイル便  http://www.filesend.to/
 データ便    https://www.datadeliver.net/

・データがない場合
 デザインデータをお持ちでない方は、手書き原稿・現物の見本をご郵送またはFAXにてお送りください。手書きなどの原稿を元に、当社でIllustratorを使って印刷用データを制作します。FAXでお送りいただいても結構ですが、細かいデザイン・判読しづらいデザインの原稿はできる限り郵送か持ち込みでお願いします。
※色指定用のサンプルがあれば同封してください。

メディア送付先

〒839-0813 福岡県久留米市山川市ノ上町7-20
株式会社 丸信 (紙箱・化粧箱.net 係)
TEL 0942-43-6621

ご用意していただくデータについて

・画像データ(JPEG,GIF,PING,TIFF)の場合
 画像データの解像度は300dpi以上で作成してください。WEB・ホームページ用に制作された画像は、解像度72dpiである場合が一般的です。低い解像度のデータで印刷すると仕上がりがぼやけたり、ギザギザした粗い感じの仕上がりになってしまいます。カラー写真などで最低解像度350dpi以上、文字や単色イラストなどの印刷では2000dpi程度の解像度が必要になります。

解像度

・Word・Power Point,一太郎のデータ(.doc .ppt .jtd)の場合
 お客様から頂いたWord・Power Point等のデータを元に、当社でIllustratorを使って制作し直します。

・印刷用データの作成について
 解像度の低い画像ファイル、WordやPower Pointで作成されたファイルはデータを新たに作り直しになる場合があり、別途データ作成料が発生いたします。データ作成が難しいと感じられた場合や手書きの原稿しかない場合などは、弊社でデータ作成を有料で請け負っておりますのでご利用ください。

Illustratorデータについて

 入稿するIllustratorデータはソフトのバージョンによってはファイルを開けないことがあります。あらかじめバージョンの確認をお願いします。アウトライン化不足やリンク画像の添付漏れ、塗り足しの不足といった不備がございませんように今一度ご入稿データを十分にご確認ください。

・アウトライン化
 Illustratorで作成したデザインにフォントがある場合は、すべてアウトライン化を行ってから入稿してください。フォントの情報が残っていると意図しないフォントに置き換わって印刷されてしまう場合がございます。場合がございます。一度アウトライン化すると元に戻すことができませんので別名で保存して、手元にアウトライン前のデータを保管されることをお薦めいたします。

アウトライン化

・トリムマーク
 印刷データには必ずトリムマーク(トンボ)を作成してください。トリムマーク(トンボ)で断裁位置を判断いたしますので必ず確認してください。印刷サイズのオブジェクトを作成・選択→フィルタ→クリエイト→トリムマーク、もしくは効果→トリムマークで作成してください。

トリムマーク


画像データを含む入稿 ・画像データを含む入稿
 入稿データに画像がある場合にはIllustratorデータ上に配置(リンク)の状態で保存し、画像データも別にお送りください。
(画像埋め込みでの保存はおやめください。)

アミでの文字・線の表現に関して

  「黒だと強すぎるので、少し抑えたい」という事から、文字や線をアミで作成された入稿が増えてきております。その注意点として下記の事が上げられますのでご注意ください。

  凸版印刷では、70%から100%までのシャドウ系の%は、インキの目詰まりが起こりほぼ同じ様な濃さになってしまいます。また、70%部分をご覧頂くと、見た目の濃度はさほど変化が分かりにくいですが、文字やエッヂがアミによるガタ付きが生じてしまい100%より品質が落ちた様に見えてしまいます。
  次に、ハイライト部分ですが、20%の明朝の文字の横ラインや線は波打った様に見えてしまいます。
見本は間欠凸印刷で150線で印刷しておりますが、表示のみのラベルは平圧機にて印刷する事が多いので見本よりも粗い線数での印刷となり、より波打ったり、破線の様になってしまいますのでご注意ください。

  回避方法と致しましては、黒ではなくグレーを1色足して印刷するか、文字の太さ・線の太さで見た目の濃度を調整して頂くかになります。

アミでの文字・線の表現

色の指定について

 お客様のモニターやプリンターで出力された色と弊社のモニターやプリンターで出力した色は異なります。厳密な色の再現を求められる場合は、色見本の現物を送付していただくか、DIC等の色チップの番号にてご指定をお願いいたします。
 それでも紙の種類等により印刷の本刷りと弊社の簡易校正(インクジェット出力)の色を正確に合わせることは困難です。その場合は本紙にて本機校正をお勧めします。本機校正とは実機にて実際の紙で印刷するものです。本機校正を行う場合、実費ご請求となります。

色の指定

・CMYKとRGBの違い
 RGBによる色光の三原色は、色を混ぜるほど明度が上がり、白に近づくので加法混色と言われています。それに対してCMYKによる色料の三原色は、絵具のように混ぜれば混ぜるほど明度が下がり黒に近づく減法混色と言われています。印刷では、黒の部分を引き締めるためにブラックを追加してCMYKの4色で表現しています。このようにRGBとCMYKは異なるために、印刷物用のデザインを作成する場合は、モニターの色よりも実際の印刷物は暗く出力されますので色合いを考慮する必要がございます。

dtp_color


pagetopHOME

-->